針灸治療で妊娠率アップ
 体外受精の前後に、女性の体をリラックスさせる鍼灸施術をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。

米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、同チームは、体外受精をうける女性160人を2グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後に鍼施術を実施。残りのグループには、鍼施術をせず通常の体外受精を行った。その結果、鍼施術グループの妊娠率は42.5%に上がり、通常治療の26.3%を大幅に上回った。体外受精の妊娠率は、高くても三割程度とされ、繰返し治療を受けるカップルの精神的、金銭的な負担が問題になっている。妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、同学会のサンドラ・カーソン次期会長は「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。
「2002年4月30日 讀賣新聞夕刊」

読売の不妊症ニュース

 不妊症治療に鍼灸施術効果
 治療を続けても子宝に恵まれない不妊症の女性に対する鍼灸施術が、妊娠率を飛躍的に向上させる効果のあることが名古屋市瑞穂区、明生鍼灸院と愛知県豊田市、竹内病院トヨタ不妊センターの共同研究で分かった。
不妊鍼灸への施術効果を、まとまった症例数による科学的データで検証した研究は初めて。
研究は、結婚後五年、不妊専門医療機関で2年治療しても妊娠しない不妊症患者で、体外受精など高度な生殖医療を3回以上受けても妊娠できず、子宮の内膜が薄いことが原因と推定される57人(平均年齢34.7歳)が対象。
患者たちに鍼灸施術を半年以上続けたところ、31人の内膜が厚さ6ミリ以上など妊娠への一定基準に改善。うち⒕人(同33.7歳)が、冷凍保存した自分の胚(はい)を移植して妊娠することができた。
このほか、不妊の原因が分からず、月経異常や頭痛、肩こりなど、健康に問題がないのに感じる体の不調(不定愁訴)がみられる患者24人(同35.2歳)への鍼灸治療でも、7人(同36.1歳)が妊娠した。
鍼灸施術が子宮の血流を活性化させ内膜の改善に至った可能性があるほか、妊娠より先に不定愁訴が治った例が8割もあった。
高度な生殖医療の妊娠率は20%~30%。これを3回受けた後は妊娠率が著しく下がるとされる。
流産を2度経験し、鍼灸治療で内膜が整い結婚6年目の今冬、出産した愛知県内の女性(41)は「排卵誘発剤などの連続使用で体調を崩し、身も心も限界だった。
ゆっくり治す東洋医学で気持ちがほぐれた」と振り返る。
竹内病院センターの越知所長は「西洋医学を建物の補修に例えるなら、東洋医学は土台の改良工事。むやみに薬を増やすのでなく、自然の治癒力を引き出す東洋医学の知恵が役立てば」と話していた
「2001年12月28日 中日新聞」

不妊症ニュース①不妊症ニュース②不妊症ニュース③

 海外における鍼灸施術が不妊症治療に有効とされる報告
 【胚移植日に鍼灸施術を行なうと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる】
体外受精、顕微受精の273例を研究対象とし、鍼灸施術を行わなかったグループでは22%の妊娠、鍼灸施術を行ったグループでは36%の妊娠率となり、鍼灸施術を行なったグループの妊娠率が高くなった。
(2006年デンマークからの報告)

 

 体外受精と顕微授精例の黄体期に鍼灸治療を行なうと妊娠率を上昇させる
 体外受精、顕微授精の225例を研究対象とし、鍼灸治療を行わなかったグループでは13.8%、行ったグループでは28.4%の妊娠率となり、鍼灸治療を行ったグループの妊娠率が高くなった。
(2006年ドイツからの報告)

 

 hMG(排卵誘発剤)注射のタイミングで鍼灸治療を行うと妊娠率を上昇させる
 体外受精の228例に鍼治療を3回行い、hMG(排卵誘発剤)注射時、採卵前、採卵直後に鍼を行なった。鍼治療を行わないグループでは23%、鍼施術を行ったグループでは31%の妊娠率で、有意差はなかったが、鍼治療を行ったグループの妊娠率が高くなった。
(2006年オーストラリアからの報告)

 

 鍼施術が妊娠率、生児分娩率に及ぼす影響
 アメリカからの報告(メリーランド大学、ジョージタウン大学産婦人科) 過去の7件の臨床試験のデータをまとめた。鍼施術を併用した胚移植と鍼施術を併用しないケースでは、鍼施術を受けた群の臨床的妊娠は1.65倍高く、継続中の妊娠は 1.87倍、生児分娩率は1.91高く、鍼施術は妊娠率の高さと関連していた。

 

 中国での鍼灸不妊施術の記事
 1980年代に「中国江西中医大学」「中国上海第一医科大学」は、生理不順の患者に対して鍼灸治療を行う過程で、排卵促進率は54.4%まで上がると分かった。動物実験では関元、気海、三陰交に電気針を施し、2時間後に黄体形成ホルモンが最高値に達し、排卵反応も観察された。研究結果では、鍼灸は不妊症患者への生殖内分泌機能に対する影響は大きく、脳下垂体の反応を増強させ、排卵の促進に繋がった。脳下垂体の反応が増強した結果、子宮内膜の厚みも増加した。また、鍼灸の免疫増強の働きで、免疫抗体が卵管の炎症、癒着などを修復し、卵管の開通につながった。

 

 男性不妊症への鍼灸施術効果
データソース:Fertility and Sterility(アメリカの生殖医療専門誌)
(英文)
http://www.fertstert.org/article/S0015-0282%2805%2900591-1/abstract
《要約》
患者は精子無力症、乏精子症、精子奇形による特発性不妊症の男性40名。
ランダムに選ばれた28名の患者は5週間の間、週に2回の鍼灸施術を受け、残りの12名は治療を受けなかった。
統計的評価として、精子数が増えて精子奇形率が低下した。
統計学的に優位な改善が、アクロソーム(精子の先端部分)の位置・形状・精子細胞小器官にて見られた。
結論として、鍼灸を受けたグループでは全体的に精子の質が改善された。