不妊鍼灸の施術の流れ

このページでは、不妊鍼灸で受診いただいた方への施術の流れをご覧いただけます。
あくまでも基本的な施術の流れなので、患者様に合わせて順番や内容が変わることがあることをご承知おきください。

①問診
問診
初診の方には「問診票」に詳しく症状やご体調についてご記入いただきます。
ご自宅でプリントアウトが可能な方は下記リンクより「問診票」をプリントアウトして、ご記入の上ご持参ください。

不妊鍼灸用問診票

2診目以降の方は、当日のご体調や前回施術後の変化などお話を伺います。
病院を受診されている方は病院での診察内容を、基礎体温をご自身で計っていらっしゃる方は今の状態なども併せてお知らせください。

②施術室にてお着換え
患者着の前患者着の後ろ
初診の方には当院のお着換え(患者着)を無料で貸出いたします。
2診目以降はカーディガンなど前を開けられる服をご持参頂き、前後逆に着て下さいますようお願いしております。(2診目以降も患者着のレンタルをご希望の方には一回につき500円でご利用いただけます。)

施術に適した服装

 

③仰向けで状態確認および施術
脈診
脈診・腹診・舌診とツボを触って状態を確認させていただきます。
前回の施術内容と体調の変化などを照らし合わせて、施術方法(使うツボ・刺激の方法)を決めていきます。
鍼が苦手な方や鍼が怖い方には、同意いただけたら一本だけ試しに鍼を刺します。
その一本の痛みが強かったり不快な感じがする場合はそれ以降は鍼は使わないつもりですが、これまでに受診いただいた方は皆様問題なく鍼を受けていらっしゃいます。
過去に他所の治療院で受けた鍼が痛かったため鍼は受けたくないと仰られた方も、当院の鍼は痛くないので問題なく受けられると驚かれておりました。

 

④うつ伏せにて状態確認および施術
R0042283
背中にある兪穴(ゆけつ)と呼ばれる臓腑を調整するツボを中心に施術を行います。
腰痛や肩こりなどの愁訴を抱えている方には、愁訴を改善するための鍼灸施術も併せて行いますので遠慮なくご相談ください。